代表番号

0467-46-1717電話

救急は24時間365日受付

日本赤十字社より「金色有功章(きんしょくゆうこうしょう)」を受章しました。

イベント
2020.11.16

 この度、湘南鎌倉総合病院は、日本赤十字社より「金色有功章」を受章しました。金色有功章とは、日本赤十字社が行う業務に貢献した団体等へ贈られる最高の賞であり、日本赤十字社の献血事業に対する、当院の長年にわたる協力などを評価して頂きました。

日本赤十字社金色有功章の始まりは明治18年に日本赤十字社の表彰制度として定められた勲章式の記章であり、同社においては「今日に至るまで最高位の表彰である。」と伺っておりますが、当院の場合は、日本赤十字社が実施している献血事業に対して32年間にわたって協力してきた事を評価されて、この度の受章となりました。

毎年、献血バスに来て頂いておりますが、湘南鎌倉総合病院での献血実施回数は75回目を迎えて、近年では献血に協力する職員も増えてきており、毎回50人程の職員が献血に協力しております。

当院は日夜、断らない医療を続けておりますが、手術などでどうしても輸血を必要とする事があります。こういった時に、必要な血液を確実に届けて下さる日本赤十字社の皆様の有り難さを実感致します。
今回、受章を頂いた事を励みに、引き続き地域医療への貢献に努めて参ります。

湘南鎌倉総合病院 院長
篠崎 伸明

PAGE TOP

© Shonan Kamakura General Hospital.

職員の方へ