代表番号

0467-46-1717電話

救急は24時間365日受付

歯科口腔外科

飯田 昌樹
飯田 昌樹/ 鹿児島大学歯学部卒 横浜市立大学大学院医学研究科修了(医学博士)
歯科口腔外科部長
認定等 日本口腔外科学会 専門医・指導医、日本がん治療認定医機構 がん治療認定医、横浜市立大学大学院医学研究科 非常勤講師
所属学会 日本口腔外科学会、日本口腔腫瘍学会、日本顎変形症学会、日本顎顔面インプラント学会、日本頭頸部癌学会
専門分野 口腔がん、顎変形症、インプラント
詳細

スタッフ

林 雄一郎
林 雄一郎/ 東北大学歯学部卒 横浜市立大学大学院医学研究科修了(医学博士)
歯科口腔外科医師
認定等 日本口腔外科学会 認定医
所属学会 日本口腔外科学会
専門分野 口腔がん、顎変形症
詳細

歯科口腔外科とは

歯科口腔外科って何をする診療科なんですか?

 口には食べること(摂食、咀嚼、嚥下、味わう)、話すこと(発音・構音)という日常生活に不可欠で、とても重要な役割があります。歯科口腔外科は、口腔(口の中)のみならず、顎、顔面、それらの隣接部位に関わる病気やケガを対象に、外科的・内科的専門治療を行う診療科です。
 虫歯、歯周病や入れ歯の治療を行う一般歯科とは役割分担されています。

具体的な疾患について

どんな病気やケガ、どんな患者さんを診るのですか?

 湘南鎌倉総合病院の歯科口腔外科では、口腔がん、顎変形症(受け口、出っ歯、非対称など)、顎顔面外傷(骨折、裂傷、歯の外傷)、インプラントなどの専門的な治療を行っています。その他にも、歯性感染症(歯や顎が原因の感染)、顎骨や軟組織の嚢胞・良性腫瘍、口腔粘膜疾患、唾液腺の疾患(唾石症など)、顎関節の疾患(顎関節症、習慣性顎関節脱臼など)の治療なども行います。また静脈内鎮静法を併用した、怖くないストレスの少ない親知らずの抜歯や有病者の抜歯、インプラント治療も行っています。
(参考 日本口腔外科学会ホームページ https://www.jsoms.or.jp/public/disease/) 
 当院で手術を受けらける患者さん、抗がん剤治療や放射線治療を受けられる患者さんの口腔ケア・管理(周術期口腔機能管理)も、かかりつけ歯科医院と連携して行います。
※虫歯・入れ歯・歯周病の治療は行っておりませんので、近隣の歯科をご受診下さい。

口腔がんとは

 口の中にできる「がん」、具体的には舌、歯肉、頬粘膜、口腔底、口蓋にできる悪性腫瘍を口腔がんと呼びます。舌がんは口内炎に、歯肉がんは歯周病に間違われ、発見が遅れることがあるので注意が必要です。治療は手術が第一選択となりますが、当科は切らずに治す治療(超選択的動注化学放射線療法)に精通しており、放射線腫瘍科と連携し、最新の放射線治療を併用して手術を希望されない患者さんの希望にも応えることができます。

顎変形症とは

 顎の骨の大きさ、形態や位置の異常により、咬み合わせ、発音や顔貌に問題がある状態を顎変形症と呼びます。通常の矯正治療だけでは顎骨の問題は改善されないため、手術も併用する必要があります。顎変形症と診断された場合には、矯正治療と手術の両方が健康保険の適応となり、咬み合わせの改善だけでなく審美的な改善も期待できます。よく噛めない、顔が曲がっている、受け口、出っ歯、下あごが小さい、口が閉じにくい、笑った時の歯ぐきが気になる、などの症状がある方はぜひ当科にご相談下さい。

インプラント治療について

 当科では一般的なインプラント治療の他、総合病院の口腔外科専門診療科という特色を生かして、持病をお持ちの方やご高齢な方のインプラント治療、また骨が足りないため骨造成(サイナスリフト、GBR法)が必要なケースの治療などを行っております。また高精細歯科用CTと最新のデジタル技術による埋入シミュレーション、手術用ガイドを用いており、安全で正確な治療を提供しております。

メッセージ

 地域の中核病院としての役割を果たせるよう、近隣の歯科、医科の先生方と連携を密にし、地域貢献を目指して参ります。また患者さんに優しく、痛みやストレスの少ない低侵襲な医療を提供するよう努めております。いつでも気軽にご相談下さい。
※現在、歯科口腔外科外来を新設工事中であるため、治療内容によっては対応出来ない場合がございます。ご不便をおかけして申し訳ありません。詳しくは歯科口腔外科へお問い合わせ下さい。

PAGE TOP

© Shonan Kamakura General Hospital.

職員の方へ