代表番号

0467-46-1717電話

救急は24時間365日受付

リハビリテーション科

リハビリテーション科 メニュー閉じる開く

様々な分野への”挑戦”

「個性を、らしく生きる。」

 リハビリテーション(Rehabilitation)は、Re(再び)-habilis(適する)、というラテン語が発祥とされています。すなわち、再び適する状態への回復を意味するもの、とこれまで認識されてきました。しかし残念ながら病気やけがをされた方たちが全て、元の状態へ完全に戻るわけではありません。あるいは人によっては生まれながらに、何らかの障がいをお持ちの方もいます。維持はできても改善はしない、そもそも回復する・戻るという概念自体があてはまらない状況も存在するのです。ゆえに、これからのリハビリテーションには新たなる概念の必要性を感じていました。
 1982年、世界保健機関(WHO)で「国際・障害者世界行動計画」が発表されました。そこではリハビリテーションの説明を「各個人が自分らの人生を変革していくための手段を提供していくことを目指す(抜粋:一字改変)」としています。これは、その人の状態・状況を障がいや減算思考でとらえない、今現在の、あるいは未来へ向けたその人の「個性」という認識への転換が謳われているのです。
 これを受け、当科でのリハビリテーションは「“個性をその人らしく生きる”ための人生構築、あるいは内容そのものと、これに対する社会の理解・尊重・現実を成す世の動きや働きかけ」とし、これを「インクルーシブ・リハビリテーション(Inclusive Rehabilitation:包括的リハビリテーション)」と定義しました。
 過去にとらわれない、これからの新しい未来を創造していくことが最も大切です。私たちのリハビリテーションが皆様のご理解のもと、豊かな社会創造の一助へつながれば幸いです。

根本 敬

室長 理学療法士
根本 敬

理学療法士

日常生活における基本動作(寝返り、起き上がり、座位、歩行等)の改善を図り、患者さんの生活の質の向上を目的とした介入を行っています。また、循環動態に関わる心臓、肺に対する理学療法も行っており、リスク管理のもと急性期からの理学療法の提供を可能としています。また、予防に対する分野にも力を入れており、糖尿病の運動指導、依頼講演などにも積極的に取り組んでいます。

作業療法士

日常生活における動作すべての維持・改善を図り、患者さんが主体的に健康的に生活できることを目的に介入を行っています。退院後の患者さんの活動、参加を促進できるような支援を行います。必要に応じて福祉用具の導入や自助具の作成、選定を行います。またハンドセラピィ(ケガをした手のリハビリ)にも力を入れており、障害に関わらずその人らしい生活を獲得できるよう取り組んでいます。

言語聴覚士

言語障害、高次脳機能障害をお持ちの患者さんに対し、コミュニケーションの向上を目的にリハビリテーションを行っています。また、嚥下機能障害に対しては嚥下機能の維持・改善を図り、食べる楽しみを継続できるような経口摂取を目標に介入を行っています。言語聴覚の分野から、患者さんの幸せを支える取り組みを積極的に行っています。

主な対象

  • 脳外科疾患、脳血管障害に対する脳血管疾患リハビリテーション
  • 内部障害等に対する廃用症候群リハビリテーション
  • 外傷整形外科疾患に対する運動器リハビリテーション
  • 上肢・手指外傷に対するハンドセラピー
  • 循環器疾患に対する心臓リハビリテーション
  • 呼吸器疾患に対する呼吸リハビリテーション
  • 血液腫瘍・その他腫瘍疾患に対するがん患者リハビリテーション
  • 腎臓疾患に対する腎臓リハビリテーション
  • 開胸・開腹術後のリハビリテーション
  • 予防リハビリテーション(多種多様な疾患)
  • 構音・言語障害に対するリハビリテーション
  • 摂食機能障害に対するリハビリテーション
  • 高次脳機能障害に対するリハビリテーション
  • 集中治療領域に対する早期リハビリテーション

施設基準・ケアサポートチーム

  • 脳血管疾患等リハビリテーションⅠ
  • 廃用症候群リハビリテーションⅠ
  • 運動器リハビリテーションⅠ
  • 呼吸器リハビリテーションⅠ
  • 心大血管疾患リハビリテーションⅠ
  • がん患者リハビリテーション
  • ADL維持向上等体制加算
  • 早期離床・リハビリテーション加算(早期離床・リハビリテーションチーム)
  • 排尿自立指導料(排尿ケアチーム)
  • 認知症ケア加算(認知症ケアサポートチーム)
  • 栄養サポートチーム加算(栄養サポートチーム)
  • 呼吸ケアサポートチーム
  • 緩和ケアチーム

 従来の脳血管疾患・循環器・呼吸器・内部障害領域・周術期の各疾患はもちろんのこと、外傷センターでの運動器疾患をはじめ、小児領域やがん領域リハビリテーション、腎臓リハビリテーションなどを積極的に行い、先駆的かつ専門的なリハビリテーションを展開しています。また早期離床リハビリテーションチームや栄養サポートチームのように、様々な職種が連携し質の向上を常に目指しています。当院周囲には多くの関連施設を保有しており、医療保険分野だけでなく介護保険分野含め、多種多様な状況下でのリハビリテーションを展開しています。地域のみなさまが安心して住み慣れた環境で生活を続けられるよう支援をしています。

PAGE TOP

© Shonan Kamakura General Hospital.

職員の方へ