代表番号

0467-46-1717電話

救急は24時間365日受付
  • youtube
  • twitter
  • instagram
  • facebook

大動脈センター

片山 郁雄
片山 郁雄/ 徳島大学卒
大動脈センター長(外科治療部門)、心臓血管外科統括部長
認定等 心臓血管外科専門医、外科専門医、脈管専門医
専門分野 開胸、開腹治療
詳細

外来

大動脈瘤と診断された方や、診断されていなくても大動脈瘤が心配な方はお気軽にご相談ください。
電話で外来を予約していただくのが待ち時間が少なく便利ですが、直接来院されてもできるだけ迅速に対応します。

水曜日午前(片山) 4階 循環器外来
木曜日午前(磯貝) 1階 外科外来 ※予約制
土曜日午前(野口) 4階 循環器外来

今月の診療担当表はこちら

連絡先
電話番号 0467-46-1717(代表)
電話交換手より大動脈センターへお繋ぎ致します。

湘南鎌倉総合病院 大動脈センター 片山 郁雄

運営サイト

湘南心臓血管外科グループ設立致しました。詳細は下記をクリックしてください。

湘南心臓血管外科グループ

大動脈センターの特徴

近年、食生活の欧米化や人口の高齢化が進み、動脈硬化を原因とした生活習慣病と言われる動脈疾患が急増しています。心臓血管疾患では虚血性心疾患や大動脈瘤、閉塞性動脈硬化症などが急増しています。虚血性心疾患は当院循環器内科の大変な努力によって救命率が向上していますが、大動脈疾患は近年非常に増加しているにもかかわらず、診断・治療において非常に高い専門性を必要とするため、大動脈疾患(大動脈瘤・大動脈解離)を専門に扱うセンターは横浜、湘南地区に存在していませんでした。大動脈疾患を専門に扱う施設とそうでない施設では、手術成績に大きな開きがあるのが現状です。当院では今までに多数の大動脈疾患の治療を行ってきましたが外科治療(手術治療)部門は心臓血管外科が、血管内治療(ステントグラフト)部門は血管外科が独立して治療を行ってきました。当院に大動脈センターを設立することにより窓口を一元化し、両部門の専門医が集まって治療方法の検討を行うことで個々の患者さまの病態や希望、ライフスタイルなどを考慮した最適な治療を提供することができるようになりました。

大動脈瘤は通常無症状で経過しますので、健診や他疾患の精査中に偶然見つかる場合も多くありません。突然大動脈瘤と診断されても主治医も患者さまも具体的にどうすればいいのか分かりにくいことがあります。高齢の患者さんや合併症をお持ちの患者さんでもカテーテル、ステントグラフト治療も行っていますので、患者さまの体力に合わせた治療ができる体制となっていますので、安心して受診していただけます。

大動脈瘤は薬では小さくなりませんので治療は手術治療しかありません。
大動脈瘤は一度破裂すると致命的となり、突然死の危険が高くなります。
病院に辿り着いても破裂した大動脈瘤の手術成績は破裂する前のそれと比較して数倍も高くなります。
手術に抵抗がある方でも、当センターで経過観察することにより専門医から適切な治療の時期についての助言を受けることができます。他施設で手術を勧められた方のセカンドオピニオンも受け付けています。

2010年9月にオープンした新病院ではシネアンギオ装置を完備したハイブリッド手術室を備えており、広範囲の大動脈瘤に対する低侵襲ハイブリッド手術(開胸手術とステントグラフト治療を同時に施行する)ことができるため、より多くの大動脈瘤の患者さまに対応できるようになりました。手術室の増加、ヘリポートの設置などにより、24時間365日急性大動脈解離や大動脈瘤破裂の患者さまにも迅速に対応できる体制が整っています。

診療対象疾患

大動脈弁疾患、大動脈基部疾患、胸部大動脈瘤、腹部大動脈瘤、急性及び慢性大動脈解離、大動脈炎、急性及び慢性肺血栓塞栓症、閉塞性動脈硬化症などの診断と内科的・外科的治療

治療実績

胸部大動脈瘤

2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年
胸部大動脈瘤手術(合計) 63 74 108 96 106 119
開胸手術 57 64 85 63 68 60
真性動脈瘤、慢性解離 28 24 40 30 26 20
大動脈瘤破裂 4 4 4 1 2 2
急性大動脈解離 25 36 41 32 40 38
ステントグラフト治療 6 10 23 33 38 59

腹部大動脈瘤

2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年
腹部大動脈瘤手術(合計) 79 82 93 88 94 86
開腹手術 28 16 14 13 15 14
ステントグラフト治療 51 66 79 75 79 72

プレスリリース

【2012年3月6日】週刊朝日MOOK「手術数でわかるいい病院2012」に掲載されました。
【2011年12月28日】「日刊ゲンダイ」に掲載されました。
【2011年9月29日】「最新医療101」に掲載されました。

スタッフ

野口 権一郎/ 東京慈恵会医科大学卒
心臓血管外科部長
認定等 心臓血管外科専門医、外科専門医
所属学会 日本外科学会、日本胸部外科学会、日本心臓血管外科学会、日本血管外科学会
詳細
山部 剛史/ 福島県立医科大学卒
心臓血管外科医長
認定等 心臓血管外科専門医、外科専門医、日本循環器学会循環器専門医、胸部・腹部ステントグラフト指導医
所属学会 日本外科学会、日本胸部外科学会、 日本心臓血管外科学会、日本血管外科学会、米国胸部外科学会、米国心臓病学会
専門分野 成人の心臓血管外科全般、血管内治療

学術論文

  1. Alignment of Transcatheter Aortic-Valve Neo-Commissures (ALIGN TAVR): Impact on Final Valve Orientation and Coronary Artery Overlap.
    Tang GHL, Zaid S, Fuchs A, Yamabe T, Yazdchi F, Gupta E, et al.
    JACC Cardiovasc Interv. 2020 May 11;13(9):1030-1042.
  2. Sex-related difference in outcomes after aortic root replacement.
    McMullen H, Yamabe T, Zhao Y, Kurlansky P, Sanchez J, Kelebeyev S, et al.
    J Card Surg. 2020 May;35(5):1010-1020.
  3. Chronic kidney disease stage stratifies short- and long-term outcomes after aortic root replacement.
    Yamabe T, Zhao Y, Kurlansky PA, Nitta S, Kelebeyev S, Bethancourt CR, George I, Smith CR, Takayama H.
    Interact Cardiovasc Thorac Surg. 2021 Apr 19;32(4):573-581.
  4. Double mattress suture lines for valve-sparing aortic root replacement.
    Yamabe T, Eudailey KW, Jimenez OG, DeRoo S, Kurlansky PA, George I, Takayama H
    J Card Surg. 2019 Nov;34(11):1344-1346.
  5. Bicuspid-Associated Aortic Root Aneurysm: Mid to Long-Term Outcomes of David V Versus the Bio-Bentall Procedure.
    Nguyen SN, Yamabe T, Zhao Y, Kurlansky PA, George I, Smith CR, Takayama H.
    Semin Thorac Cardiovasc Surg. 2021 Winter;33(4):933-943.
  6. In Situ Composition of Valved Conduit for Complex Reoperative Aortic Root Replacement.
    Vandenberge J, Kurlansky P, Takeda K, Yamabe T, Sanchez J, Naka Y, Takayama H.
    Ann Thorac Surg. 2020 Dec;110(6):e549-e550.
  7. Renin-angiotensin system blockade therapy after transcatheter aortic valve implantation.
    Ochiai T, Saito S, Yamanaka F, Shishido K, Tanaka Y, Yamabe T, et al.
    Heart. 2018 Apr;104(8):644-651.
  8. Probability of Uneventful Recovery After Elective Aortic Root Replacement for Aortic Aneurysm.
    Yamabe T, Zhao Y, Sanchez J, Kelebeyev S, Bethancourt CR, Mcmullen HL, et al.
    Ann Thorac Surg. 2020 Nov;110(5):1485-1493.
  9. Assessment of long-term outcomes: aortic valve reimplantation versus aortic valve and root replacement with biological valved conduit in aortic root aneurysm with tricuspid valve.
    Yamabe T, Zhao Y, Kurlansky PA, Nitta S, Borger MA, George I, et al.
    Eur J Cardiothorac Surg. 2021 Apr 13;59(3):658-665.
  10. Feasibility of Transcatheter Aortic Valve Replacement in Prior Aortic Root Surgery: Insights From Virtual Modeling.
    Brener MI, Yamabe T, Leb J, Khalique OK, Takayama H, George I.
    Circ Cardiovasc Interv. 2020 Nov;13(11):e009539.
  11. Hemodynamic comparison of CoreValve and SAPIEN-XT TAVI valves in Japanese patients.
    Shishido K, Yamanaka F, Ochiai T, Yamabe T, Noguchi K, Ota T, et al.
    Heart Vessels. 2019 Oct;34(10):1674-1683.
  12. Descending aortic banding for re-rupture of retrograde aortic dissection after emergency thoracic endovascular aortic repair.
    Hattori S, Noguchi K, Gunji Y, Nagatsuka M, Yamabe T, Ogino H, Katayama I.
    Gen Thorac Cardiovasc Surg. 2020 Jan;68(1):70-73.
  13. Incidence, Cause, and Outcome of Reinterventions After Aortic Root Replacement.
    Yamabe T, Pearsall CA, Zhao Y, Kurlansky PA, Bethancourt CR, Nitta S, et al.
    Ann Thorac Surg. 2022 Jan;113(1):25-32.
  14. Valve-Sparing Root Replacement Versus Bio-Bentall: Inverse Propensity Weighting of 796 Patients.
    Bethancourt CN, Blitzer D, Yamabe T, Zhao Y, Nguyen S, Nitta S, et al.
    Ann Thorac Surg. 2022 May;113(5):1529-1535
  15. Quantifying the effects of circulatory arrest on acute kidney injury in aortic surgery.
    Hu D, Blitzer D, Zhao Y, Chan C, Yamabe T, Kim I, et al.
    J Thorac Cardiovasc Surg. 2022 Apr 6:S0022-5223(22)00375-0.
  16. Efficacy of Tolvaptan in Patients with Volume Overload after Cardiac Surgery.
    Noguchi K, Tanaka M, Katayama I, Yamabe T, Yuji D, Oosiro N, et al.
    Heart Surg Forum. 2015 Nov 24;18(6):E232-6.
  17. Long-term outcome of hemiarch replacement in a proximal aortic aneurysm repair: analysis of over 1000 patients.
    Pearsall C, Blitzer D, Zhao Y, Yamabe T, Rajesh K, Kim I, et al.
    Eur J Cardiothorac Surg. 2022 Feb 3:ezab571.
  18. [Early Results of Minimally Invasive Cardiac Surgery (MICS) Mitral Valve Surgery with 51 Cases].
    Katayama I, Tanaka M, Noguchi K, Yamabe T, Yuji D, Ooshiro Y, et al.
    Kyobu Geka. 2015 Jan;68(1):16-22.
  19. Endovascular treatment for type Ia major endoleak after endovascular aneurysm repair.
    Katada Y, Kondo S, Kondo T, Yamabe T.
    J Vasc Surg. 2014 May;59(5):1430-1.
  20. Midterm Outcome of Mitral Valve Repair with Artificial Chordae for Only Posterior Leaflet Disease-Comparison with the Resectional Technique in a Single Institute.
    Takai H, Tanabe H, Yamabe T, Sasaki K, Suma H.
    Ann Thorac Cardiovasc Surg. 2016;22(1):32-7.
  21. [Prevention of cerebral infarction in thoracic endovascular aneurysm repair(TEVAR) of distal aortic arch aneurysms; left subclavian artery balloon technique].
    Kondo S, Hirota J, Yamabe T, Takano T, Nakamura K, Kondo T, et al.
    Kyobu Geka. 2013 Feb;66(2):121-4.
  22. Modified reduction aortoplasty with external reinforcement of the ascending aortic aneurysm caused by giant cell arteritis treated as polymyalgia rheumatica.
    Hirota J, Kondo S, Yamabe T, Kondo T, Seto Y, Suzuki S.
    Gen Thorac Cardiovasc Surg. 2013 Apr;61(4):226-30.
  23. [Succesful case of open heart surgery in a dialysis patient with infectious endocarditis and severe bone marrow suppression: report of a case].
    Kondo T, Hirota J, Kondo S, Yamabe T, Yokoyama H.
    Kyobu Geka. 2013 Aug;66(9):841-3.
  24. A Case of Minimally Invasive Cardiac Surgery with the Small Right Intercostal Thoracotomy for Left Atrial Myxoma after Substernal Reconstruction of the Esophagus.
    Yamabe T, Kondo S, Hirota J, Yokoyama H.
    Jpn. J. Cardiovasc. Surg. 41:285-288 (2012)

海外学術集会発表

  1. A Novel Anatomical Landmark, “Septal Band”, at Septal Myectomy for Obstructive Hypertrophic Cardiomyopathy
    T. Yamabe, J. Ginns, A. Muller, J. Leb, Y. Shimada, S. Weiner, H. Takayama
    STS 58th Annual Meeting, January 29, 2022 – January 30, 2022, Miami Beach, FL
  2. A Word of Caution: Limited Role of Failure to Rescue as a Metric of Quality in Thoracic Aortic Surgery
    T. Yamabe, Y. Zhao, P. Kurlansky, V. Patel, I. George, C. Smith, H. Takayama
    STS 58th Annual Meeting, January 29, 2022 – January 30, 2022, Miami Beach, FL
  3. Open Proximal Aortic Aneurysm Repair in Contemporary Era
    T. Yamabe, Y. Zhao, C. Bethancourt, C. Pearsall, I. Kim, D. Hu, J. Bergsohn, P. Kurlansky, V. Patel,
    I. George, C. Smith, H. Takayama
    AATS 101th, Annual Meeting, April 30-May 2, 2021, Seattle, WA
  4. Left Ventricular Remodeling Following Septal Myectomy in Hypertrophic Obstructive Cardiomyopathy
    T. Yamabe, J. Ginns, V. Vedula, J. Leb, Y. Shimada, S. Weiner, H. Takayama
    AATS 101th, Annual Meeting, April 30-May 2, 2021, Seattle, WA
  5. Incidence, Cause, and Outcome of Reinterventions after Aortic Root Replacement
    T. Yamabe, C. Pearsall, Y. Zhao, P. Kurlansky, C. Bethancourt, S. Nitta, I. George, C. Smith,
    H. Takayama
    STS 57th Annual Meeting, January 29, 2021 – January 31, 2021 (fully virtual meeting)
  6. Probability of Uneventful Recovery After Elective Aortic Root Replacement for Aortic Aneurysm.
    T. Yamabe, Y. Zhao, J. Sanches, S. Kelebeyev, C. Bethancourt, H. Mcmullen, P. Kurlansky, I. George,
    C. Smith, H. Takayama
    STS 56th Annual Meeting, Jan 25, 2020 – Jan 28, 2020, New Orleans, LA
  7. Surgical Planning With 3D Modeling for HCM
    T. Yamabe, H. Takayama
    AHA Scientific Session 2019. Nov 16, 2019-Nov 18, 2019, Philadelphia, PA

国内学術集会発表

  1. Surgical Aortic Valve Replacement in Dialysis Patients: Valve Choice Based on Age
    第74回 日本胸部外科学会 Debate session, 2021年10月31日-11月3日, 品川, 東京
  2. Endovascular Therapy for Ruptured Chronic Type B Dissection
    〜How to control retrograde flow into the false lumen〜
    第70回 日本胸部外科学会, 2017年9月26日-9月29日, 札幌, 北海道

メディア

  1. 『大動脈解離、手術は必要か』
    毎日新聞, 2018/8/12 東京朝刊
詳細
磯貝 尚子/ 東京女子医科大学卒
外科部長
認定等 日本外科学会外科専門医、日本血管外科学会認定血管内治療医、日本脈管学会脈管専門医、腹部ステントグラフト実施医・指導医、胸部ステントグラフト実施医、浅大腿動脈ステントグラフト実施医、下肢静脈瘤血管内レーザー焼灼術実施医・指導医
所属学会 日本外科学会、日本臨床外科学会、日本血管外科学会、日本脈管学会、日本消化器外科学会、日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会、日本外傷学会、日本静脈学会、日本胸部外科学会、日本外科系連合学会、日本創傷治癒学会、日本下肢救済・足病学会、日本内視鏡外科学会
詳細
PAGE TOP

© Shonan Kamakura General Hospital.

職員の方へ 委託業者の方へ