代表番号

0467-46-1717電話

救急は24時間365日受付
  • youtube
  • twitter
  • instagram
  • facebook

心臓血管外科

片山 郁雄
片山 郁雄/ 徳島大学卒
副院長、心臓血管外科統括部長、大動脈センター(外科治療部門)センター長
認定等 三学会構成心臓血管外科専門医認定機構 心臓血管外科専門医、日本外科学会外科専門医、日本脈管学会脈管専門医、日本周術期経食道心エコー(JB-POT)認定医
所属学会 日本外科学会、日本胸部外科学会、日本心臓血管外科学会、日本血管外科学会、日本救急医学会、日本心エコー図学会
専門分野 成人の心臓血管外科全般
詳細
野口 権一郎
野口 権一郎/ 東京慈恵会医科大学卒
心臓血管外科部長、大動脈センター部長
認定等 三学会構成心臓血管外科専門医認定機構 心臓血管外科専門医、三学会構成心臓血管外科専門医認定機構 心臓血管外科修練指導医、日本外科学会外科専門医
所属学会 日本外科学会、日本胸部外科学会、日本心臓血管外科学会、日本血管外科学会
専門分野 成人の心臓血管外科全般
経歴 経歴(PDFダウンロード)
詳細

診療担当表

今月の診療担当表はこちら

運営ブログ・サイト

湘南心臓血管外科グループ設立いたしました。詳細は下記をクリックしてください。

バナー

診療実績はこちら

診療内容

当科では、成人心臓血管疾患を対象にした外科的治療を行なっています。
主な対象疾患として、虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞、心筋梗塞後合併症)、心臓弁膜症、大動脈疾患(胸部・腹部大動脈瘤、大動脈解離など)、末梢動脈疾患(閉塞性動脈硬化症など)、透析用シャント造設などの手術治療を担当しております。
当科で扱う疾患は病気の性質上、急に発症し、緊急手術が必要となる場合がありますが、緊急手術にも積極的に対応しています。また、高齢の患者様、透析などの合併症を有する患者様に対しても、なるべくリスクを少なく手術を受けていただけるよう対処しています。
国内外で高い評価を受けている当院の循環器内科と連携し、個々の患者様に最適な治療をうけていただけるよう努力しています。
手術日は月、火、木、金曜日です。心臓血管外科外来は水曜日午後と土曜日午前で予約制となっております。緊急は随時対応いたします。

特徴

  1. 冠動脈疾患では、患者様の状態を考慮した上で、心拍動下冠動脈バイパス術を積極的に施行しています。また、心筋梗塞後に心臓が拡大し心機能が低下している場合には、冠動脈バイパス術とともに左室形成術や僧帽弁形成術等をあわせて施行し、長期予後が改善するように努めています。不整脈の原因となる部位に対する冷凍凝固療法も適応のある症例には行っています。
  2. 弁膜症に関しては、とくに僧帽弁閉鎖不全症に対して僧帽弁形成術を第一選択に考慮しております。弁置換術における人工弁の選択(機械弁/生体弁)には、患者様のライフスタイルに合わせて、十分な情報提供のもとに患者様と一緒に考えて決定します。心房細動を合併する患者様には積極的にMAZE手術(心房細動を停止させる手術治療)をおこなう方針としています。
  3. 大動脈疾患は患者様のリスクを評価した上で、より安全な術式を選択するよう心がけております。急性大動脈解離、大動脈瘤破裂は発症からできるだけ早く手術することが救命につながります。
    当院では、麻酔科、救急部、手術室、ICU、検査部等の部門の協力により、スムーズな術前、術後管理を目指しております。また、適応のある患者様には、当院外科 荻野医師と連携して、ステントグラフト治療を行っております。
  4. 人工透析の患者様は最近増加傾向にあります。手術適応とされた患者様には、病状が悪化して手術のリスクが増加する前に治療することを第一に考えております。当科ではリスクをご理解されたうえで、手術に同意された患者様には、積極的に手術治療を行っております。
  5. 特発性心筋症に関しては、患者様の病態に応じて、弁置換術・形成術や冠血行再建術などが必要な場合は循環器内科と協議のうえ行っておりますが、Batista手術に関しては、予後の改善効果の証明が十分されていないことから、現在は行っておりません。
  6. 自己血輸血に関しては、適応になる患者様においては、積極的に自己血貯血を行い、同種血輸血を回避して自己血だけで手術することを目指しております。
  7. 当科では、患者様の病状と、手術のリスク等について、十分なご理解が得られるように説明することを重視しております。ご不明な点に関しては、気兼ねなくご質問頂ければ幸いです。他施設からのセカンドオピニオンもお受けいたします。

地域の医療機関との連携を積極的にすすめて、ご紹介頂いた医療機関での外来通院管理と当施設での定期検査などの点で患者様のライフスタイルに合わせた治療管理ができるように努力していきます。

スタッフ

山部 剛史
山部 剛史/ 福島県立医科大学卒
医長
認定等 三学会構成心臓血管外科専門医認定機構 心臓血管外科専門医、日本外科学会外科専門医、日本循環器学会循環器専門医、胸部・腹部ステントグラフト指導医
所属学会 日本外科学会、日本胸部外科学会、 日本心臓血管外科学会、日本血管外科学会、米国胸部外科学会、米国心臓病学会
専門分野 成人の心臓血管外科全般、血管内治療

学術論文

  1. Alignment of Transcatheter Aortic-Valve Neo-Commissures (ALIGN TAVR): Impact on Final Valve Orientation and Coronary Artery Overlap.
    Tang GHL, Zaid S, Fuchs A, Yamabe T, Yazdchi F, Gupta E, et al.
    JACC Cardiovasc Interv. 2020 May 11;13(9):1030-1042.
  2. Sex-related difference in outcomes after aortic root replacement.
    McMullen H, Yamabe T, Zhao Y, Kurlansky P, Sanchez J, Kelebeyev S, et al.
    J Card Surg. 2020 May;35(5):1010-1020.
  3. Chronic kidney disease stage stratifies short- and long-term outcomes after aortic root replacement.
    Yamabe T, Zhao Y, Kurlansky PA, Nitta S, Kelebeyev S, Bethancourt CR, George I, Smith CR, Takayama H.
    Interact Cardiovasc Thorac Surg. 2021 Apr 19;32(4):573-581.
  4. Double mattress suture lines for valve-sparing aortic root replacement.
    Yamabe T, Eudailey KW, Jimenez OG, DeRoo S, Kurlansky PA, George I, Takayama H
    J Card Surg. 2019 Nov;34(11):1344-1346.
  5. Bicuspid-Associated Aortic Root Aneurysm: Mid to Long-Term Outcomes of David V Versus the Bio-Bentall Procedure.
    Nguyen SN, Yamabe T, Zhao Y, Kurlansky PA, George I, Smith CR, Takayama H.
    Semin Thorac Cardiovasc Surg. 2021 Winter;33(4):933-943.
  6. In Situ Composition of Valved Conduit for Complex Reoperative Aortic Root Replacement.
    Vandenberge J, Kurlansky P, Takeda K, Yamabe T, Sanchez J, Naka Y, Takayama H.
    Ann Thorac Surg. 2020 Dec;110(6):e549-e550.
  7. Renin-angiotensin system blockade therapy after transcatheter aortic valve implantation.
    Ochiai T, Saito S, Yamanaka F, Shishido K, Tanaka Y, Yamabe T, et al.
    Heart. 2018 Apr;104(8):644-651.
  8. Probability of Uneventful Recovery After Elective Aortic Root Replacement for Aortic Aneurysm.
    Yamabe T, Zhao Y, Sanchez J, Kelebeyev S, Bethancourt CR, Mcmullen HL, et al.
    Ann Thorac Surg. 2020 Nov;110(5):1485-1493.
  9. Assessment of long-term outcomes: aortic valve reimplantation versus aortic valve and root replacement with biological valved conduit in aortic root aneurysm with tricuspid valve.
    Yamabe T, Zhao Y, Kurlansky PA, Nitta S, Borger MA, George I, et al.
    Eur J Cardiothorac Surg. 2021 Apr 13;59(3):658-665.
  10. Feasibility of Transcatheter Aortic Valve Replacement in Prior Aortic Root Surgery: Insights From Virtual Modeling.
    Brener MI, Yamabe T, Leb J, Khalique OK, Takayama H, George I.
    Circ Cardiovasc Interv. 2020 Nov;13(11):e009539.
  11. Hemodynamic comparison of CoreValve and SAPIEN-XT TAVI valves in Japanese patients.
    Shishido K, Yamanaka F, Ochiai T, Yamabe T, Noguchi K, Ota T, et al.
    Heart Vessels. 2019 Oct;34(10):1674-1683.
  12. Descending aortic banding for re-rupture of retrograde aortic dissection after emergency thoracic endovascular aortic repair.
    Hattori S, Noguchi K, Gunji Y, Nagatsuka M, Yamabe T, Ogino H, Katayama I.
    Gen Thorac Cardiovasc Surg. 2020 Jan;68(1):70-73.
  13. Incidence, Cause, and Outcome of Reinterventions After Aortic Root Replacement.
    Yamabe T, Pearsall CA, Zhao Y, Kurlansky PA, Bethancourt CR, Nitta S, et al.
    Ann Thorac Surg. 2022 Jan;113(1):25-32.
  14. Valve-Sparing Root Replacement Versus Bio-Bentall: Inverse Propensity Weighting of 796 Patients.
    Bethancourt CN, Blitzer D, Yamabe T, Zhao Y, Nguyen S, Nitta S, et al.
    Ann Thorac Surg. 2022 May;113(5):1529-1535
  15. Quantifying the effects of circulatory arrest on acute kidney injury in aortic surgery.
    Hu D, Blitzer D, Zhao Y, Chan C, Yamabe T, Kim I, et al.
    J Thorac Cardiovasc Surg. 2022 Apr 6:S0022-5223(22)00375-0.
  16. Efficacy of Tolvaptan in Patients with Volume Overload after Cardiac Surgery.
    Noguchi K, Tanaka M, Katayama I, Yamabe T, Yuji D, Oosiro N, et al.
    Heart Surg Forum. 2015 Nov 24;18(6):E232-6.
  17. Long-term outcome of hemiarch replacement in a proximal aortic aneurysm repair: analysis of over 1000 patients.
    Pearsall C, Blitzer D, Zhao Y, Yamabe T, Rajesh K, Kim I, et al.
    Eur J Cardiothorac Surg. 2022 Feb 3:ezab571.
  18. [Early Results of Minimally Invasive Cardiac Surgery (MICS) Mitral Valve Surgery with 51 Cases].
    Katayama I, Tanaka M, Noguchi K, Yamabe T, Yuji D, Ooshiro Y, et al.
    Kyobu Geka. 2015 Jan;68(1):16-22.
  19. Endovascular treatment for type Ia major endoleak after endovascular aneurysm repair.
    Katada Y, Kondo S, Kondo T, Yamabe T.
    J Vasc Surg. 2014 May;59(5):1430-1.
  20. Midterm Outcome of Mitral Valve Repair with Artificial Chordae for Only Posterior Leaflet Disease-Comparison with the Resectional Technique in a Single Institute.
    Takai H, Tanabe H, Yamabe T, Sasaki K, Suma H.
    Ann Thorac Cardiovasc Surg. 2016;22(1):32-7.
  21. [Prevention of cerebral infarction in thoracic endovascular aneurysm repair(TEVAR) of distal aortic arch aneurysms; left subclavian artery balloon technique].
    Kondo S, Hirota J, Yamabe T, Takano T, Nakamura K, Kondo T, et al.
    Kyobu Geka. 2013 Feb;66(2):121-4.
  22. Modified reduction aortoplasty with external reinforcement of the ascending aortic aneurysm caused by giant cell arteritis treated as polymyalgia rheumatica.
    Hirota J, Kondo S, Yamabe T, Kondo T, Seto Y, Suzuki S.
    Gen Thorac Cardiovasc Surg. 2013 Apr;61(4):226-30.
  23. [Succesful case of open heart surgery in a dialysis patient with infectious endocarditis and severe bone marrow suppression: report of a case].
    Kondo T, Hirota J, Kondo S, Yamabe T, Yokoyama H.
    Kyobu Geka. 2013 Aug;66(9):841-3.
  24. A Case of Minimally Invasive Cardiac Surgery with the Small Right Intercostal Thoracotomy for Left Atrial Myxoma after Substernal Reconstruction of the Esophagus.
    Yamabe T, Kondo S, Hirota J, Yokoyama H.
    Jpn. J. Cardiovasc. Surg. 41:285-288 (2012)

海外学術集会発表

  1. A Novel Anatomical Landmark, “Septal Band”, at Septal Myectomy for Obstructive Hypertrophic Cardiomyopathy
    T. Yamabe, J. Ginns, A. Muller, J. Leb, Y. Shimada, S. Weiner, H. Takayama
    STS 58th Annual Meeting, January 29, 2022 – January 30, 2022, Miami Beach, FL
  2. A Word of Caution: Limited Role of Failure to Rescue as a Metric of Quality in Thoracic Aortic Surgery
    T. Yamabe, Y. Zhao, P. Kurlansky, V. Patel, I. George, C. Smith, H. Takayama
    STS 58th Annual Meeting, January 29, 2022 – January 30, 2022, Miami Beach, FL
  3. Open Proximal Aortic Aneurysm Repair in Contemporary Era
    T. Yamabe, Y. Zhao, C. Bethancourt, C. Pearsall, I. Kim, D. Hu, J. Bergsohn, P. Kurlansky, V. Patel,
    I. George, C. Smith, H. Takayama
    AATS 101th, Annual Meeting, April 30-May 2, 2021, Seattle, WA
  4. Left Ventricular Remodeling Following Septal Myectomy in Hypertrophic Obstructive Cardiomyopathy
    T. Yamabe, J. Ginns, V. Vedula, J. Leb, Y. Shimada, S. Weiner, H. Takayama
    AATS 101th, Annual Meeting, April 30-May 2, 2021, Seattle, WA
  5. Incidence, Cause, and Outcome of Reinterventions after Aortic Root Replacement
    T. Yamabe, C. Pearsall, Y. Zhao, P. Kurlansky, C. Bethancourt, S. Nitta, I. George, C. Smith,
    H. Takayama
    STS 57th Annual Meeting, January 29, 2021 – January 31, 2021 (fully virtual meeting)
  6. Probability of Uneventful Recovery After Elective Aortic Root Replacement for Aortic Aneurysm.
    T. Yamabe, Y. Zhao, J. Sanches, S. Kelebeyev, C. Bethancourt, H. Mcmullen, P. Kurlansky, I. George,
    C. Smith, H. Takayama
    STS 56th Annual Meeting, Jan 25, 2020 – Jan 28, 2020, New Orleans, LA
  7. Surgical Planning With 3D Modeling for HCM
    T. Yamabe, H. Takayama
    AHA Scientific Session 2019. Nov 16, 2019-Nov 18, 2019, Philadelphia, PA

国内学術集会発表

  1. Surgical Aortic Valve Replacement in Dialysis Patients: Valve Choice Based on Age
    第74回 日本胸部外科学会 Debate session, 2021年10月31日-11月3日, 品川, 東京
  2. Endovascular Therapy for Ruptured Chronic Type B Dissection
    〜How to control retrograde flow into the false lumen〜
    第70回 日本胸部外科学会, 2017年9月26日-9月29日, 札幌, 北海道

メディア

  1. 『大動脈解離、手術は必要か』
    毎日新聞, 2018/8/12 東京朝刊
詳細
服部 滋
服部 滋/ 福井大学卒 
医長
認定等 三学会構成心臓血管外科専門医認定機構 心臓血管外科専門医、日本外科学会外科専門医、胸部・腹部ステントグラフト指導医
所属学会 日本外科学会、日本胸部外科学会、日本心臓血管外科学会、日本血管外科学会
詳細
長塚 大毅
長塚 大毅/ 杏林大学卒 
医長
認定等 三学会構成心臓血管外科専門医認定機構 心臓血管外科修練医、日本外科学会外科専門医、胸部・腹部ステントグラフト指導医
所属学会 日本外科学会、日本胸部外科学会、日本心臓血管外科学会、日本血管外科学会
詳細
加賀谷 英生
加賀谷 英生/ 群馬大学卒
医員
認定等 医学博士(東京大学大学院)、三学会構成心臓血管外科専門医認定機構 心臓血管外科専門医、日本外科学会外科専門医、胸部・腹部ステントグラフト指導医
所属学会 日本外科学会、日本胸部外科学会、日本心臓血管外科学会、日本血管外科学会
詳細
郡司 裕介
郡司 裕介/ 弘前大学卒
医員
認定等 三学会構成心臓血管外科専門医認定機構 心臓血管外科修練医、日本外科学会外科専門医
所属学会 日本外科学会、日本胸部外科学会、日本心臓血管外科学会、日本血管外科学会
詳細

一般社団法人National Clinical Database(NCD)が実施するデータベース事業に参加しています

当科は、一般社団法人National Clinical Database(NCD)が実施するデータベース事業に参加しています。

この事業は、日本全国の手術・治療情報を登録し、集計・分析することで医療の質の向上に役立て、患者さんに最善の医療を提供することを目指すプロジェクトです。

この法人における事業を通じて、患者さんにより適切な医療を提供するための医師の適正配置が検討できるだけでなく、当科が患者さんに最善の医療を提供するための参考となる情報を得ることができます。何卒趣旨をご理解の上、ご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

1.NCDに登録する情報の内容
2011年1月1日以降、当科で行われた手術と治療に関する情報、手術や治療の効果やリスクを検証するための情報(年齢や身長、体重など)を登録します。NCDに患者さんのお名前を登録することはなく、氏名とは関係のないIDを用いて登録します。IDと患者さんを結びつける対応表は当科で厳重に管理し、NCDには提供しません。

2.登録する情報の管理・結果の公表
登録する情報は、それ自体で患者さん個⼈を容易に特定することはできないものですが、患者さんに関わる重要な情報ですので厳重に管理いたします。

当科及びNCDでは登録する情報の管理にあたって、情報の取り扱いや安全管理に関する法令や取り決め(「個人情報の保護に関する法律」、「人を対象とした医学系研究に関する倫理指針」、「医療・介護関係事業者における個人情報の適切な取扱いのためのガイダンス」、「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」等)を遵守しています。

データの公表にあたっては、NCDが承認した情報のみが集計データとして公表されます。登録するデータがどなたのものであるか特定されることはありません。

3.登録の拒否や登録情報の確認
データを登録されたくない場合は、登録を拒否して頂くことができます。当科のスタッフにお伝えください。

また、登録されたご自身のデータの閲覧や削除を希望される場合も、当科のスタッフにお知らせください。なお、登録を拒否されたり、閲覧・修正を希望されたりすることで、日常の診療等において患者さんが不利益を被ることは一切ございません。

4.NCD担当者の訪問による登録データ確認への協力
当科からNCDへ登録した情報が正しいかどうかを確認するため、NCDの担当者が患者さんのカルテや診療記録を閲覧することがあります。

当科がこの調査に協力する際は、NCDの担当者と守秘義務に関する取り決めを結び、患者さんとIDの対応表や氏名など患者さんを特定する情報を院外へ持ち出したり、口外したりすることは禁じます。

本事業への参加に関してご質問がある場合は、当科のスタッフにお伝えください。また、より詳細な情報は下記に掲載されていますので、そちらもご覧ください。

一般社団法人National Clinical Database(NCD)ホームページ

PAGE TOP

© Shonan Kamakura General Hospital.

職員の方へ 委託業者の方へ