代表番号
救急は24時間365日受付

0467-46-1717電話

  • youtube
  • instagram
  • line
  • facebook

胸壁外科ブログ

<Vol.17>漏斗胸の身体症状

胸壁外科
2019.04.23

小児の漏斗胸の方には身体的な症状はほとんどありませんが、年齢とともに症状を有する方が増えます。私達が手術をした16歳以上の229人の方の約60%には症状がありました。最も多いのは胸痛と胸部圧迫感で全体の28%、呼吸困難感が26%、スタミナがない・疲れやすいが15%などです。22%の方は複数の症状を持っているので合計した数字は大きくなります。軽い症状を加えると割合はもっと増えます。このような症状の原因ははっきりとはしません。CTを撮影すると漏斗胸の方では心臓が胸壁に圧迫されて変形していますが、心機能や呼吸機能の値が大きく障害されている事はありません。手術後のCTでは圧迫は軽減して心臓の形も変わりますが、もともと低下していない値は画期的に改善する事はありません。数字などでは表せませんがご本人の症状は手術の後にはほとんどの方で大きく改善します。

私たちが手術をした中に、胸痛のために他院の循環器科医師に狭心症と診断されて長期間内服薬を処方されていた方がお二人いました。このお二人は私たちの漏斗胸手術の後には内服薬を中止しても胸痛はなくなりました(論文「漏斗胸患者の胸部症状ー冠攣縮性狭心症として加療を受けていた2症例を含めて」『心臓』49:1219-1225,2017)。

先日手術後久しぶりに来院された成人の方がいらっしゃいます。手術前より逞しくなった感じがしました。「お仕事はどうですか」と尋ねると、「仕事を変わります」とおっしゃいました。手術前は胸痛があり疲れ易く「体力がない」と感じていたけれど、手術後は症状がなくなったので体を鍛えて自信がついて、小さい頃から憧れていた職業についた、と話してくださいました。手術を受けことで夢がかない人生が変わりました。と言っていただきました。とても喜んでいただきましたが、私もとても嬉しく思いました。この仕事をしていて最も嬉しい瞬間です。(ご本人のご承諾を得て一部改変しています)

しかし、すべての症状が手術によってなくなるわけではありません。肩こり、頭痛、腹部の症状などは漏斗胸とは直接の関連はありません。喘息はアレルギーによって起こります。これらは漏斗胸手術による解決は難しい症状です。

腎臓病総合医療センターでは、この春、師田まりえ先生を始め多くの仲間を迎えました。 先日新たな仲間の歓迎会を開催しましたが、参加人数は74名。
お店の方が、全員が腎臓内科なのでしょうか?こんなに多いんですか⁈と驚いていらっしゃいましたが、
透析室や病棟、外来、薬剤部、栄養室、リハビリ、医療相談室、治験センター…
腎臓病総合医療センターに関わる院内の各部署からも数人ずつが参加しての74名でした。
日頃から当センターでは、チームで患者さんの治療やケアに当たっています。
歓迎会はチームの絆を深める良い機会となりました。
本年度もチームが協力して、患者さんのために力を尽くします。

腎臓病総合医療センター秘書

PAGE TOP

© Shonan Kamakura General Hospital.

職員の方へ 委託業者の方へ