代表番号

0467-46-1717電話

救急は24時間365日受付
  • youtube
  • twitter
  • instagram
  • facebook

がん医療研究室

現在研究中のテーマ

●KRAS、BRAF癌の治療薬の開発”と“組織再生機構の解明”

がん医療研究室ニュース

  • 2022年2月
    新津洋司郎の論文「MAPKシグナルに於けるGlutathione-s Transferase P1のCRAFシャペロン蛋白としての意義ーDr.Irving Listowskyを追悼して」が日本学士院の雑誌に掲載されました。
  • 2021年11月
    新津洋司郎が今までの功績が認められ瑞宝中綬章しました。
    同章は、公共的な職務の複雑度。困難度、責任の程度などを氷解し、重要と認められる職務を果たし、成績を上げた人物に授与される勲章で、長年進めてきた多岐に渡る医学研究の成果が評価されました。

    新津先生

  • 2021年8月
    新津洋司郎が日経バイオテクにて「グルタチオンS-転移酵素P型(GSTP)1とKRASとの相互作用を選択的に阻害する薬剤の研究について」取材を受けました。
  • 2020年8月
    新津洋司郎の論文「A CRAF/glutathione-S-tansferase P1 complex sustains autocrine growth of cancers with KRAS and BRAF mutations」が米誌『米国科学アカデミー紀要(PNAS)』に掲載されました。

スタッフ紹介

新津先生
新津 洋司郎
医学博士
先端医療センター iPark内 オンコロジープロジェクト 室長
一般社団法人徳洲会グループ オンコロジープロジェクト 特別顧問
社会福祉法人湘南愛心会 介護老人保健施設かまくら 施設長
略歴

1968年 札幌医科大学 卒業
1969年 米国マサチューセッツ工科大学 栄養学講座 客員リサーチアソシエート
1970-1971年 大阪大学 理学部 生物学講座 研究員
1972年 札幌医科大学大学院 医学博士
1972-1974年 米国アルバート・アインシュタイン医科大学 生化学講座リサーチアソシエート
1974-1975年 札幌医科大学 癌研内科 助手
1975-1981年 札幌医科大学 癌研内科 講師
1981-1988年 札幌医科大学 第4内科講座 助教授
1988-2008年 札幌医科大学 第4内科講座 教授
2008-2016年 札幌医科大学 寄付講座、分子標的探索講座 特任教授
2008年~ 札幌医科大学 名誉教授
2008年~ 一般社団法人徳洲会グループオンコロジープロジェクト 特別顧問
2008~現在 米国ストーニーブルック大学 客員教授
2016-2017年 北海道大学 分子標的探索講座室長、日東電工技術顧問
2017-2020年 医療法人勉仁会 顧問/社会福祉法人小樽北勉会 理事
2020年~ 医療法人徳洲会湘南鎌倉総合病院 先端医療センター iPark内オンコロジープロジェクト 室長
2020年~ 社会福祉法人湘南愛心会 介護老人保健施設かまくら 施設長

受賞歴

1977年 日本電気泳動学会賞
1989年 第3回 財団法人寿原記念財団 研究助成
1989年 がん集学的治療財団 研究助成
2004年 北海道医師会賞/北海道知事賞
2004年 第23回 高松宮妃癌研究基金 研究助成
2004年 平成15年度 北海道科学技術賞
2005年 平成16年度 秋山財団賞
2005年 7th International symposium on molecular medicine Outstanding achievement award
2005年 平成16年度 財団法人高松宮妃癌研究基金 学術賞
2008年 ナイスステップな研究者(科学技術への顕著な貢献)
2021年 瑞宝中綬章

詳細
下山先生
下山 ライ
湘南鎌倉総合病院 外科部長
オンコロジーセンター長
略歴 秋田大学 卒業
認定等 日本外科学会外科専門医・指導医、日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医・指導医、日本消化器外科学会消化器外科専門医、がん治療認定医機構がん治療認定医、日本核医学会PET認定医、インフェクションコントロールドクター、日本化学療法学会抗菌化学療法認定医、日本医師会認定産業医、臨床研修指導医、緩和ケアに関する指導者研修会修了、介護支援専門員、身体障害者福祉法第15条指定医(膀胱直腸機能障害、小腸機能障害)、難病指定医
所属学会 日本臨床外科学会、日本外科系連合学会、日本内視鏡外科学会、日本乳癌学会、日本癌治療学会、日本緩和医療学会、日本核医学会、日本救急医学会、日本病態栄養学会、American Society of Clinical Oncology(米国臨床腫瘍学会) Active member
専門分野 一般外科、腫瘍外科、がん薬物療法、緩和ケア
PAGE TOP

© Shonan Kamakura General Hospital.

職員の方へ 委託業者の方へ