代表番号

0467-46-1717電話

救急は24時間365日受付
  • youtube
  • twitter
  • instagram
  • facebook

再生医療開発研究室

A)血管再生メカニズムの基礎研究

研究所副センター長に就任した浅原は、血管内皮前駆細胞(Endothelial Progenitor Cell: EPC)という血管再生メカニズムに最も重要な細胞を1997年に発見しました(Science 1997)。以来EPCを中心とした血管生物学的な基礎研究を進めてきており、世界をリードする学術研究がiParkおよび湘南鎌倉総合病院の先端医療センターで開発されている先進技術で進められています。

B)血管再生治療の開発研究

上記のEPC研究はすでに様々の血管再生治療に臨床応用され、湘南鎌倉総合病院でも腎不全・下肢血管虚血性疾患・慢性肝硬変・脊髄損傷などの疾患治療のためにセンター化した再生医療センターが設立されました。先端研(湘南先端医学研究所)では、このEPCの細胞生物学的な基礎研究を応用し、次世代EPC治療の開発が展開されています。例えば、EPCの新たな血管再生治療の前臨床研究が腎臓内科チームによって進められており、湘南鎌倉総合病院再生医療科(大竹剛靖診療科部長)での臨床応用が期待されます。

C)再生医学研究を応用した未病診断・治療開発

血管再生医療研究で開発された細胞培養・解析技術は、疾患患者の血液細胞診断に応用できることが判ってきました。様々のデータを集積することで、血液細胞の再生能力をmachine learning 解析出来る事が判明しており、将来的には健康・未病・疾患予後の診断が簡便に可能になると考えられます。湘南鎌倉総合病院先端医療センター棟にある予防医学センター内未病治療診断部および細胞培養・ゲノム細胞解析室との共同研究でこのプロジェクトが進められています。

導入検査機器紹介

湘南先端医学研究所で行われている研究は、iPark内にある機器や設備を使用していますが、他にも当院先端医療センター4Fフロア内の品質検査室にある機器も使用しています。
この品質検査室には様々な研究テーマに対応できるように最新機器を導入しました。

次世代シーケンサー

ゲノム配列を高速で解読できる次世代シーケンサー(Next Generation Sequencer, NGS)は、さまざまな基礎研究や臨床診断学で活発に使用されるようになってきています。血液などからHLA検査、特定の遺伝子領域だけを標的に網羅的検索や変異の検索、エクソソーム解析などのゲノム情報を得ることができます。基礎研究および臨床に貢献し、医療や創薬、あるいは個人の健康維持や病気の診断・治療・予防にも利用できると考えています。

液体クロマトグラフ質量分析計

液体クロマトグラフ質量分析計(Liquid Chromatograph – Mass Spectrometry、LC-MS/MS)は、高速液体クロマトグラフ(HPLC)と三連四重極型質量分析計(MS/MS)を組み合わせた装置です。この装置により、液中の有機成分を分離し、質量によって分析を行います。血中の薬物濃度やビタミンなどの測定、培養液中のアミノ酸の組成試験、メタボロミクス解析など多くの分野で期待される装置です。

スタッフ紹介

小林 修三
小林 修三
湘南鎌倉総合病院 院長代行・腎臓病総合医療センター長 湘南先端医学研究所センター長
小林修三のウェブサイトはこちら
鎌倉市岡本1370番1号 TEL:0467-46-1717 FAX:0467-45-0190
履歴
1974年(昭和49年) 大阪府立天王寺高校 卒業
1980年(昭和55年) 浜松医科大学卒業(一期生)、同大学第1内科 入局
1981年(昭和56年) 浜松赤十字病院 内科医師
1982年(昭和57年) 浜松医科大学大学院博士課程 入学
1986年(昭和61年) 同卒業、医学博士の学位 修得
1987年(昭和62年) 文部教官第1内科助手
1988年(昭和63年) テキサス大学サンアントニオ校 病理学客員講師
1990年(平成2年) 帰国第1内科助手に復職
1992年(平成4年) NTT伊豆逓信病院内科部長
1998年(平成10年) 防衛医科大学校第2内科講師(指定)
1999年(平成11年) 湘南鎌倉総合病院 副院長
2012年(平成24年) 湘南鎌倉総合病院 腎臓病総合医療センター長就任(兼)
2017年(平成29年) 湘南鎌倉総合病院 院長代行就任
~現在に至る
客員教授 横浜市立大学医学部、タンザニア国立ドドマ大学医学部、昭和音楽大学
所属学会
(これまでの役員も含む)
日本内科学会評議員・認定内科医、日本腎臓学会功労会員・指導医・専門医、日本急性血液浄化学会元理事・功労会員、日本腎臓リハビリテーション学会理事、日本医工学治療学会元理事、日本フットケア・足病医学会元理事長・名誉会員、日本高血圧学会元評議員・功労会員、日本病態栄養学会評議員・専門医、日本透析医学会指導医・専門医、日本アフェレシス学会元評議員、日本腹膜透析医学会元評議員、日本脈管学会元評議員、日本再生医療学会・認定医、日本糖尿病学会、日本リウマチ学会、国際腎臓学会、アメリカ腎臓学会、欧州連合透析移植学会
論文 JASN, CJASN, KI, AJKD, NDT, Hypertension, J. Vasc. Surg, PLoS ONE など約250編
研究テーマ 慢性腎臓病の進展機序と心血管合併症
幹細胞を用いた臓器障害の再生医療
慢性腎臓病の病態と動脈硬化および高血圧
透析患者の栄養と心血管障害との関係
外国での招請講演
2005年5月 アメリカアフェレーシス学会 特別講演(マイアミ)
テキサス大学サンアントニオ校内科 特別招請講演(サンアントニオ)
2006年5月 国際アフェレーシス学会 特別講演(ロストック)
2008年7月 中日腎科学術交流会(中国杭州)
2008年11月 中日腎科学術交流会(中国アモイ)
2009年11月 中国北京大学医学部講演会(中国ペキン)
2010年3月 PD University Asian Chapter Faculty講演(タイ国パタヤ)
2015年12月 PAD Forum 2015 Multidisciplinary Approach(タイ国チェンマイ)
2018年12月 RENAL DISEASES AND BIOTECHNOLOGY For Blood Purification 2018(タイ国チェンマイ)
2019年11月 2019中日先进医疗与新药研发高峰论坛暨成果转化大会(中国成都)
他社会活動 NPO法人癒しの医療を考える会 理事長、鎌倉市腎友会顧問、アフリカ モザンビークにおける初の透析医療を昨年12月現地にて指導。他アフリカ諸国9カ国を訪問指導した。2018年3月には当院ならびに東京女子医大との共同で、14人の移植チームのリーダーとして、タンザニアの首都ドドマ国立大学付属病院にて初の腎移植を指導し成功に導き、2020年3月までに11例の腎移植を支援した。
詳細
浅原 孝之
浅原 孝之
湘南鎌倉総合病院 湘南先端医学研究所・副センター長、予防医学センター・未病治療診断部部長、再生医療センター・細胞培養ゲノム細胞解析室室長
履歴
1984年(昭和59年) 東京医科大学卒業、救命救急部、循環器内科に勤務
1991年(平成3年) 同大第二内科助手
1993年(平成5年) ボストンのタフツ大学に留学 Elizabeth’s Medical CenterのJeffrey M Isner教授のもと、
血管新生・遺伝子治療の基礎・前臨床研究を進める。
1995年(平成7年) タフツ大学助教授
1997年(平成9年)

Science誌に骨髄由来の血管内皮前駆細胞の存在を確認したことを発表。
血管内皮前駆細胞の機能解析・分化過程の研究を発展させ、現在は幹細胞の器官再生機序の解明
およびその医療応用をメインテーマに活動。

2000年(平成12年) 東海大学医学部総合医学研究所 助教授~2002年まで
2002年4月(平成14年) 東海大学医学部基盤診療学系再生医療科学 教授~2021年3月まで
2003年(平成15年) 先端医療センター再生医療研究部 部長~2005年まで
2003年(平成15年) 理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター 幹細胞医療応用研究チームリーダー~2008年まで
2005年(平成17年) 先端医療センター研究所 副所長・先端医療センター血管再生研究グループリーダー~2012年まで
2021年4月(令和3年) 湘南鎌倉総合病院 湘南先端医学研究所・副センター長、予防医学センター・未病治療診断部部長、
再生医療センター・細胞培養ゲノム細胞解析室室長
所属学会と活動 日本循環器学会、日本再生医療学会、日本炎症・再生医学会、米国心臓病学会
専門分野 血液医学、幹細胞生物学、再生医学
詳細
大竹 剛靖
大竹 剛靖
湘南鎌倉総合病院 副院長/QIセンター長/再生医療科 部長 / 湘南先端医学研究所 主任研究員 /再生医療開発研究室室長/医学博士

詳細は再生医療科のページをご覧ください。
履歴
1987年(昭和62年) 浜松医科大学 卒業、同大学第1内科入局
1988年(昭和63年) 富士宮市立病院 内科勤務
1990年(平成2年) 浜松医科大学大学院博士課程 入学
1994年(平成6年) 同卒業、医学博士学位修得 浜松医科大学第1内科医員
1995年(平成7年) 富士宮市立病院 内科医長
1998年(平成10年) 富士宮市立病院 内科科長
2002年(平成14年) 湘南鎌倉総合病院 腎臓内科部長
2009年(平成21年) メリーランド大学Institute of Human Virologyにvisiting scientistとして留学し、再生医療の研究活動に従事。
2012年(平成24年) 湘南鎌倉総合病院 腎臓病総合医療センター 腎免疫血管内科主任部長
2018年(平成30年) 湘南鎌倉総合病院 副院長 再生医療科部長
2019年(平成31年) 一般社団法人共愛会病院 院長補佐 内科
2020年(令和2年) 湘南鎌倉総合病院 副院長/QIセンター長/再生医療科部長
2021年(令和3年) 湘南先端医学研究所 主任研究員/再生医療開発研究室室長 現在に至る
所属学会と活動 日本透析医学会専門医・指導医、日本腎臓学会専門医・指導医、日本内科学会認定医・総合内科専門医、日本医工学治療学会評議員、日本フットケア学会理事、日本下肢救済・足病学会評議員、日本病態栄養学会評議員、日本再生医療学会認定医・代議員、日本高血圧学会、日本静脈経腸栄養学会 、日本糖尿病学会、日本アフェレシス学会評議員、日本急性血液浄化学会、日本腹膜透析学会、国際腎臓学会、アメリカ腎臓学会、欧州連合透析移植学会、日本リウマチ学会、日本臨床腎移植学会
学術賞 第1回日本腎臓財団研究奨励賞 受賞(平成15年 100万円)
「慢性腎不全患者の透析導入期冠動脈疾患の検討」
第8回腎と心血管障害研究会最優秀演題賞
第8回アジア細胞治療学会優秀ポスター演題賞
業績 腎免疫血管内科業績参照
研究テーマ 慢性腎臓病の病態と動脈硬化および高血圧
腎不全および透析患者の栄養と動脈硬化との関係
再生医療
研究会世話人 腎と心血管障害研究会(Cardio-renal conference)(幹事)、末梢循環セミナー~リムサルベージを考える会(幹事)、キドニーフォーラム研究会(幹事)、静岡東部腎カンファランス(世話人)
他の医療活動 アフリカ モザンビークにおける初の透析医療に対する支援を2008年12月現地にて行なった。
詳細
サルべコフ アマンケルヂィ
サルべコフ アマンケルヂィ
湘南鎌倉総合病院 臨床研究センター / 湘南先端医学研究所 主任研究員 医学博士
履歴
2006年(平成18年) Graduated from “Birinshi Mamyr” high school 卒業
2012年(平成24年)

Astana Medical University, Kazakhstan 卒業

2013年(平成25年) Republican postgraduate study in vascular surgery and interventional radiology. Kazakhstan 卒業
2015年(平成27年) Vascular surgeon at JSC `National Scientific Center for  Oncology and Transplantation`.Nur-Sultan, Kazakhstan
2019年(平成31年) 東海大学大学院医学研究科 先端医科学専攻博士課程 卒業
2020年(令和2年) 東海大学大学院医学研究科 先端医科学専攻  ポスドクフェローシップ
2020年(令和2年) 湘南鎌倉総合病院 臨床研究センター/湘南先端医学研究所 主任研究員 現在に至る
所属学会と活動

日本循環器学会、アメリカ心臓協会
1.ゲノムおよび精密医療評議会
2.疫学と予防の評議会
3.基礎循環器科学評議会
国際細胞外小胞学会
カザフ血管外科医協会

学術賞 大学院研究のための国際奨学金 `BOLASHAQ`
優れた研究のためのイスラム開発銀行奨学金
2つの心血管虚血性疾患の幹細胞/細胞および細胞外小胞療法の発明の著者
研究テーマ 1.パーソナライズされた幹細胞治療。 「レスポンダー」と「非レスポンダー」の予測
キーワード:機械学習、体細胞変異、ビッグデータ分析、WGS、GWAS、エピジェネティクスなど。
2.コンディショニングされた血球由来の細胞外小胞(EV)のクリニックへの翻訳
キーワード:エキソソーム、再生関連細胞由来EV、CD34細胞由来EV、心筋梗塞、急性腎障害、慢性腎疾患、フレイルなど。
3.初期疾患バイオマーカー検索および結果予測のための機械学習支援表現型および遺伝子型分析
キーワード:表現型および遺伝子型分析、慢性腎臓病、多発性嚢胞腎、シングルセルシーケンシング、ニューラルネットワーク分析など。
詳細
谷口 正美
谷口 正実
免疫・アレルギーセンター長 / 湘南先端医学研究所主任研究員

詳細は免疫・アレルギーセンターのページをご覧ください。
略歴 大阪府立天王寺高校卒業
浜松医科大学医学部卒業 同大学院卒業(成人喘息の研究で医学博士取得)
藤枝市立志太総合病院(現藤枝市立総合病院)呼吸器科医長 
藤田保健衛生大学呼吸器内科Ⅰ講師
米国バンダービルト大学肺研究センター客員研究員
国立病院機構相模原病院 アレルギー科医長 喘息研究室長
国立病院機構相模原病院臨床研究センター センター長を経て
令和2年(2020)1月~
 湘南鎌倉総合病院 免疫・アレルギーセンター長
(兼任 同臨床研究センター長、順天堂大学連携大学院客員教授、藤田医科大学客員教授、国立病院機構相模原病院臨床研究センター客員研究部長)
専門 臨床アレルギー内科学、呼吸器内科学
特に難治性喘息、アスピリン喘息、真菌喘息、EGPA(好酸球性多発血管炎性肉芽腫症)では世界的業績が多数ある。ほかに好酸球性肺炎、アレルゲン免疫療法、重症花粉症、薬剤アレルギーなど、難治性の咳など、成人アレルギー全般
活動等

9種のアレルギー・呼吸器関連のガイドラインや診療の手引きの作成委員(2021年度時点):成人喘息、EGPA、アレルギー性気管支肺真菌症、厚労省アスピリン喘息、厚労省NSAIDs不耐皮疹、アナフィラキシー、スギ花粉症/ダニアレルギー免疫療法、国際N-ERD診療の手引き
NSAIDs不耐症・アスピリン喘息の国際タスクフォースメンバー
厚労科研費/AMEDにおけるNSAIDs不耐症研究班代表(2007年~2019年度)
国際喘息学会北アジア部会副幹事長 その他

成人アレルギー相談/セカンドオピニオンについてはこちらをご覧ください。

詳細

PAGE TOP

© Shonan Kamakura General Hospital.

職員の方へ 委託業者の方へ