代表番号

0467-46-1717電話

救急は24時間365日受付
  • youtube
  • twitter
  • instagram
  • facebook

放射線治療

湘南鎌倉総合病院の放射線治療

 

陽子線治療

陽子線はある深さで線量のピークを迎えて止まるという性質があり、この止まる位置は陽子線のエネルギーを変えて調整することができます。このピークとがんの位置を一致させれば、その周囲の正常組織の線量を下げることができるため、がんには多量の放射線を当てることで根絶を期待し、正常組織には副作用を出さないように細かな調整を行っていきます。陽子線はがんに高線量を当てつつ周囲の正常組織の線量を抑えることができる理想的な放射線と言えます。

陽子線治療

トモセラピー

トモセラピーは「強度変調放射線治療(IMRT)」という技術を使うことによって、がんの形に合わせて照射することができます。
頭部では、集中的な放射線治療で主流のガンマナイフ・サイバーナイフ装置と似たような治療が得られます。また、どのような部位にも幅広く、効果的な放射線治療を行うことが可能です。

トモセラピー

小線源治療(RALS)

小線源治療(RALS)は悪性腫瘍に対する放射線治療の一つで、腫瘍のごく近くから放射線を当てるため、大量の放射線を照射することが可能となり、効果的に腫瘍細胞を死滅させることができます。一方では、放射線が遠くに広がらないので、周囲の正常組織の被ばくは最小限に抑え、副作用を軽減することが できます。

小線源治療(RALS)
PAGE TOP

© Shonan Kamakura General Hospital.

職員の方へ 委託業者の方へ