代表番号
救急は24時間365日受付

0467-46-1717電話

新規予約番号(月-金 13:00~16:30)
  • youtube
  • instagram
  • line
  • facebook

手術支援ロボット daVinci

「直腸がん」「結腸がん」に対するロボット支援下手術

直腸がん・結腸がんの手術は従来, 開腹手術により行われていましたが、近年は患者さんへの負担がより少ない腹腔鏡手術が主流となっています。特に直腸がんでは狭い骨盤内での操作になることに加え、 排便・排尿機能や性機能に関わる重要な神経や血管が近接しているためより高い技術を要します。その点を補うものとして1990年代に米国で手術支援ロボット (da Vinci Surgical System)が開発され、 本邦におけるロボット支援下手術は2018年4月から直腸がんが、2020年4月から結腸がんが保険適応となりました。

ロボット支援下手術の特徴

ロボット支援下手術の特徴は、高画質の3D画像、多関節を持った自由に曲がる鉗子、手振れ補正機能などが挙げられます。これらにより正確な手術操作が実現され、根治性と安全性が高い、体に優しい手術が可能となります。特に直腸がんの場合は直腸に接する神経を繊細な操作で温存することができるため、術後の排便・排尿機能、性機能の保持や早期の回復が期待されます。また通常の腹腔鏡よりも骨盤深部での手術操作が可能となることで従来よりも肛門に近い腫瘍であっても肛門を温存できる可能性が高くなります。


高画質の3D画像

新入院患者数の増加

多関節を持った自由に曲がる鉗子により繊細な操作が可能


手振れ補正機能を備え、精密な手術が行われます

トレーニングを積んだ認定医師

直腸がんに対するロボット支援下手術は最新手術であるがゆえに高度な安全管理が求められており、現時点では比較的厳しい術者条件 (日本消化器外科学会専門医であること、日本内視鏡外科学会技術認定医であること、ロボットの製造元であるIntuitive Surgical社のトレーニングを受講すること)があり、当院ではその術者条件を満たす医師が在籍しております。ロボット支援手術の適応になるかなど治療の詳細については担当医にお尋ねください。

PAGE TOP

© Shonan Kamakura General Hospital.

職員の方へ 委託業者の方へ